『 くびきを負って、終わりをむかえる前に 』

『聖書』の視覚化を試みた作品。様々な色のブロックは罪の象徴、真鍮は神のことば、幾何形態は人物を表すなど、1つ1つのモチーフに意味を持たせ画面を構成。
古くからあるこれまでの宗教絵画とは違った視点でそのイメージを表現した。人はどこから来てどこへ行くのか。
その根源的な問いの答えを人は遥か昔から追い求めてきた。私はその答えが聖書にあると信じこれらの作品を制作した。

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google